はじめてのコト(今日の話はちとグロイです)

次女が足の親指に異変を感じたのは昨年秋のこと。
爪の中に白いもの・・・『何じゃろう・・・変なの』ぐらいにしか思っていませんでしたが、1週間前ぐらいから赤く腫れて爪が盛り上がり、痛い痛いと騒ぐので、かかりつけの皮膚科へ。
『そりゃー爪水虫じゃないん?』と言う旦那のことを半分信じてたら・・・何と!
爪下外骨腫じゃね~。病院を紹介するよ。手術して軟骨を取るしかないから』と診断され、エエーーーーーッ!!!

紹介された総合病院は、私が学生の頃、長靴にビニールエプロンをして病院実習をしたところです。
初めての仕事は、献立て作成でもカロリー計算でもなく、シンクに浮かんだ大量のりんごを洗う・・・という作業。
今でもはっきりと覚えてる、ジメジメした梅雨の頃でした。
懐かしいなぁ~、でも・・・あそこ、ボロいよなぁ~(爆)

皮膚科部長の先生はとても優しくて感じよく、しかし、診断は変わらず・・・レントゲンにしっかり軟骨が写っていました(汗)
10~20歳に多く見られるものらしく・・・どうせ成長するなら身長が伸びるとかにして欲しいーー。なんで軟骨なんだか(爆)
3月1日に入院、手術とあいなりました。

次女が大好きなチームメイトママに話したら『私も病院行こうかな~』『来て来て!!ランチしよう!』と言うことになり、何を勘違いしたのか、彼女はこんなラブリーピンクなアレンジ持参で現れました(爆笑)
e0095183_8405790.jpg
『今日手術じゃなかったん?いやね、メールで今、会計中って来ておかしいな~とは思ったんだけど。ははは・・・まあ3月1日には来れんし、ちょうどよかったわ~』
こんな彼女が大好きです^^
ソレイユのBAQETでたらふくパンを食べて、いっぱい話をして、本当に満たされた時間でした。
入院も、手術も、そしてこんなお花をもらったのも初めての次女(私だって入院はお産の時だけだよ)
あ・・・そう言えば3歳の時、駐車場のグレーチングの上で転んで、顔面血だらけ、セーラームーンの月の形にぱっくり開いた額を4針縫ったことがあったわ(汗)
今ではその傷も、どこだったか目立たないぐらいきれいになってました^^
『やっぱ、若いってすばらしいな~』と妙に感心、遠い目の母のんきです(笑)
[PR]